糖尿病、ガン、肝炎等の健康相談や核酸サプリ、ミミズ乾燥粉末、AHCC,紅豆杉、タヒボ等,補完代替医療に使用されている健康食品のご相談は矢野ドラッグへ

核酸サプリ、ミミズ乾燥粉末(HLP)の矢野ドラッグ|糖尿病、肝炎、がん相談、カシー化粧品
お問い合わせ

営業日カレンダー

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
… 営業日
… 休日
… 臨時休業日
… カシー美容部員入店日

矢野ドラッグ

矢野ドラッグ
〒636-0342
奈良県磯城郡田原本町三笠36
TEL 0120-33-1472
営業時間 10:30~18:00
定休日
日曜日

よかったら読んでみてください!!健康に関することや日々の出来事等について

店長の日記 お知らせ 無臭DHA 注目成分 商品紹介 健康記事 カシー化粧品 ミミズ乾燥粉末
RSS

アトピー性皮膚炎、花粉症などに期待の成分「イムバランス」

カテゴリ : 注目成分
皆さんこんにちは!!矢野ドラッグの松野です。
今日は特に、アトピー性皮膚炎や花粉症などの症状に効果が期待できる
「イムバランス」という成分のお話を。

この「イムバランス」は、
大豆を有効利用するための研究過程で誕生した麹菌発酵培養物であり、
「脱脂大豆」と「麹菌」(無塩環境、固体培養)という自然の豊かなチカラから
生まれた「ホールフーズ」です。
その成分は、植物性乳酸菌などのプロバイオティクスだけでなく、
大豆オリゴ糖や食物繊維などのプレバイオティクス、
さらには麹菌発酵により新たに生み出された産生物(多糖類、ペプチド)の
すべてを含むバイオジェニックスとなっています。

これら3つのチカラの相乗効果により、
免疫力、おもにTh1細胞とTh2細胞のバランス他、
体を調整する働きがあることがわかりました。

また、10年以上に及ぶ研究で独自の麹菌発酵技術が確立され、
「イムバランス」の様々な機能性は、
広汎な研究実績、エビデンスに裏付けられ多数の特許も取得され、
安全性においても確立された成分です。

特に、アトピー性皮膚炎や花粉症でお悩みの方にはお役に立つのではと思います。
2014-07-18 12:44:55

ひみつはライチの赤い力!!

カテゴリ : 注目成分
皆さんこんにちは!!矢野ドラッグの松野です。
本格的な夏到来ですねぇ!!お身体ご自愛ください。

今日は、特に内臓脂肪で注目されている成分オリゴノールについてのお話を。
オリゴノールとはライチから抽出したポリフェノールを低分子化し、
吸収性を高めた「高吸収型ポリフェノール」です。

未熟の果実はなぜ渋いのでしょうか?
その正体は、低分子のポリフェノールです。
ポリフェノールとは渋み成分で、
植物が自信の身を紫外線や病気から守るために備えている天然の防御システムです。
果実が未熟なときには低分子のポリフェノールが、
その強力な抗酸化パワーで身を守りながら成長します。
果実が熟すにつれ、ポリフェノールもチェーンの様につながって高分子になります。
これまでのポリフェノール食品と呼ばれるほとんどが、
成熟した植物から抽出しているので高分子であり、吸収率が問題でした。
このオリゴノールは世界初の技術でポリフェノールを低分子にし、
高い吸収率を実現しました。

またこのオリゴノールに関する共同研究は、国内外の研究機関、
医療機関において行われており、その成果は学会や学術誌に発表されています。
その中でも特に
1、メタボリックシンドロームの改善
  内臓脂肪、皮下脂肪の減少効果
2、血流改善(血管拡張)作用
  血管内皮細胞保護作用
3、美容効果
  紫外線防御作用
4、疲労改善作用
などがあげられます。

今後、特に内臓脂肪減少効果が、高カロリーの現在の食生活の補助として、
或いは、運動による脂肪減少効果の補助など、
肥満対策のお役に立つ成分として注目されています。
2014-07-17 11:51:31

自然治癒力を高める神秘の薬木

カテゴリ : 注目成分
皆さんこんにちは!!矢野ドラッグの松野です。
今日は、以前ブログで書かせていただいたと思うのですが、
「え!!そんな!!どうしたらいいの?なんとかならないか?」という時、
お役にたつのではといったこと、そんな注目成分NQ801を今回もう一度。

ブラジルはアマゾン川流域に自生するノウゼンカズラの樹木を
先住民たちは「神からの恵みの木」と尊び、1500年以上前から、
お茶として愛用することで自然治癒力を高めて、健康を維持してきました。
健康茶として非常に長い飲用の歴史を持つこの樹木の研究を手がけたのは、
南米における薬用植物学と薬物療法学の権威である、
サンパウロ大学のアコーシ名誉教授でした。
同教授は50年以上にわたって研究に取り組み、免疫力の向上をはじめとする
70種類もの有用成分を含有していることを発表しました。

選択毒性、転移湿潤抑制、アポトーシス誘導、血管新生阻害作用など
多彩な「抗がん効果」が科学的に明らかになってきており、
欧米では製薬化の動きがみられるようです。

日本では、当初京都大学薬学部と京都府立医科大学が中心となって研究を行い、
1989年に開催された48回日本癌学会総会で研究発表がされ、
その後150回以上国内外での学会発表は続いています。

今では有効成分としてキノンの一種のNQ801が発見され、その化学構造が特定され、NQ801フラクションとしての抽出が可能となり、
より高濃度の物ができるようになりました。
その後NQ801は、日本、アメリカ、中国、台湾で
「抗がん剤」及び「発がん阻害剤」の医薬製剤特許を取得しています。
健康食品に含有する成分において医薬品の特許取得は快挙であり、
加えてより難易度の高い医薬品を国際的に取得していることは、
優れた働きの裏付けともいえるでしょう。

今後、あなたに、あなたのご家族、大切な方に何かあった時、
このNQ801を思い出して一度ご相談ください。
2014-07-09 12:32:42

腸内だけじゃない!!お口の中の悪玉菌を抑制する乳酸菌

カテゴリ : 注目成分
こんにちは!!矢野ドラッグの松野です。

今日は口腔内のお話
私たちは毎日歯磨きやうがい等をしますが、意外な落とし穴がありました。

口の中も腸内と同じで多くの菌が存在しますが、
その数100種類、100億個と言われています。
しかも成人の8割が歯周病を持っていて、それにより歯周病や口臭、虫歯だけでなく
糖尿病や血栓、脳梗塞、早産や肺炎などの様々な因果関係が注目されています。
その中で歯を磨いたり、うがいだけでは予防がし切れないそうです。

そんな中、ニュージーランドのオタゴ大学での研究から、
健常者の約2%に「非常に口臭を引き起こしにくい」人が存在し、
その常在細菌を調べると、有害な悪玉菌の増殖を阻止することのできる唯一の口腔内にある善玉菌ストレプトコッカス サリバリウスK12菌を保有していることがわかりました

このK12菌は2種類の天然ペプチド抗生物質を産生し、
ある病気の原因となる有害なバクテリア(悪玉菌)の増殖を抑制、阻害し
健康な口腔内の環境を維持する働きを持っています。

意外や意外!!口腔内を善玉菌環境にすることで、今までなかなか改善しなかった病気が快方へと向かうのでは。!!

お気軽にご相談ください。


2014-05-22 14:01:19

注目成分!! 現在12の特許を取得した乳酸菌FK-23

カテゴリ : 注目成分
FK-23って なんだろう?
 正式名称は、エンテロコッカスフェカリスFK-23といい、
 ビフィズス菌のような腸内細菌の一種です。
 通常では、フェカリス菌と呼ばれ、人の健康に重要な働きをしています。
 FK-23はこのフェカリス菌の優れた働きを最大限に引き出した乳酸菌です。
 その特徴は
 数ある腸内細菌の中でも最も免疫力を高めることがわかりました。
 また、便秘の改善、善玉菌を増やします。
 そして安全性試験で安全が確認されています。

FK-23は生きていないのに働くの?
 死菌が吸収されると免疫システムが刺激され、
 その結果私たちの免疫力が強くなります。
 腸の中で自然に死滅した菌を吸収しても免疫力を強めますが、
 加熱処理した菌(FK-23)を吸収した時の方がその力は強力です。

ヨーグルトなども良いと聞きますが?
 ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌も健康効果があります。
 しかし、確実な乳酸菌の効果を得るには1日1兆個の乳酸菌を取り続ける
 必要があるといわれています。
 例えば、FK-23なら少量で、ヨーグルト100ℓ分の乳酸菌を摂取できます。

他の乳酸菌じゃダメなの?
 ほとんどの乳酸菌は、私たちの健康維持に役立つ働きをしています。
 そこで、どの乳酸菌が免疫力を高める効果が強いか調べた結果、
 FK-23が一番強いことがわかりました、

どうやって免疫力を高めるの?
 腸内には免疫システムが備わっています。
 FK-23が腸内を刺激すると、そこに集まる白血球がFK-23を異物だと
 思い込み、白血球の仲間を増やし活性化します。
 こうして増えた白血球が有害な細菌、ウィルス、ガン細胞をやっつけます。

FK-23は特許取得しているのですか?
 FK-23は現在下記の12の特許を取得しています。
 C型肝炎治療剤
 血圧降下剤(DNA)(RNA)
 酒さ治療剤
 感染予防剤
 毒性軽減剤
 抗腫瘍剤及びその製造法
 抗アレルギー剤及びその製造法
 白血球減少治療剤
 色素沈着抑制剤
 Ⅱ型肺上皮細胞活性剤

FK-23につきましてのご質問はお気軽にお問合せください。
 


2014-05-10 10:23:33

1 2 次へ